ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2014.12.20 Saturday

アントワーヌデュシェのワンピースの着せ方


ワンピースの着せ付け方は会場で購入いただいた方々へはその場で説明させていただきましたが、通販分はそうはいきませんので細かく画像を撮ってみました(・・*) それにしてもスケスケですね・・・

トルソーでご説明していきます。

お届けした時はこのように首紐は前後で4本(2本づつなので計8本)まとめてくるっとしてあります。スルリとほどけますので

ほどいていただいて

前二カ所(計4本)と後ろ二カ所(計4本)に分けます

トルソーなので上からカポっとしていますが、ドールへは足の方から入れて下さい。肩が多分上からだと入りにくいと思います。

私は前の位置を決めるために前の紐からやっていますが、後ろからでも!
まず前紐4本を首の後ろに回します。後ろで交差させて前にもってきます

こんな感じに前にもってきて

結びます

後ろはこうなっているはずですので

首から前に持ってきて

前で結わえてあるリボン部分の下をくぐらせてまた後ろ側へ回します

こんな風に後ろに回しましたらここで結びます

出来上がりですヾ(*´-`*)ノ

ウエストリボンはきゅっと結ぶ用にはしてませんので、このようにだらんとさせて結わえて下さい。
くるっと一周させて結わえたところにたくしあげをしても可愛いです。

ドールに着せる時は座らせるとやりやすいです
モデル用ボディでテカテカしてますが・・・見なかったことにしていただいて・・・・・

以上通販分のワンピースでやってみました。
ちなみにポシェットはここで付けてしまって、それから上着を着せて下さい。その方がごわごわしません(*'-'*)
2013.08.23 Friday

サイト販売制作中・・・

 
 先月から作っているドレス、来週には制作仕上がると思います。5着作っています。

後ろ姿はいつものように肩胛骨が見えるように・・・素敵骨ライン・・・

これは試作の本体なので販売するものよりスケスケです。作っているものは上身頃にはレースを重ねました。

ヘッドドレスと首飾りと手首飾りが小物です。ヘッドドレスと首飾りはモノトーンと柄布のパターンがあって、元々はモノトーンだけだったのですが、ちょっと柄布が目に入ってしまい・・・
SD少女用です。
続きを読む >>
2012.12.11 Tuesday

ドルパ28 販売服


ご無沙汰しております。すっかり真冬の気温となりました。そんな時期のイベントなので暖かそうに見えるものをと計画していたのですが、薄手のものとなりました…。
ドレス丈です。モデルの薔薇(真紅)は素足なので丈が分かり易いかと思います。薄い綿ローンに色々なレースを付けて染めて。後ろスナップ止め。

セットとしてはもう出来上がっているので、何かちょこっと付け足したいなと思うのですが…
昼下がり、フランス貴族の領地での普段着のようなイメージで…

このボンネットはコレクションしているアンティークボンネっぽくしてみました。中央の刺繍レースのみヴィンテージで、他は現行品のレースです。

ドレスはSD少女が4着、16少女が1着の販売予定です。16少女はちょっとセット内容が違いますが…間に合うかな…。ウィッグは全て教室Aを基本サイズにしています。若干小さめに作ったものもあるので、ミシェルやアナイスしかいない!という方は仰ってください。

SD少女ドレスセット:23000円(ドレス・ペチコート・ボンネット・羊毛ウィッグ)←何か加えても価格に変更はありません
先着順に販売致します。開始5分はお一人様2着まで、それ以降は制限ありません。ボンネのレースが若干合わせが違うものもあるので、お好みでお選び下さいませ。羊毛ウィッグの染め色は同一です。

スペースは今回も友人のLittle Sugar様と合同です。半卓なのでちょこっとな感じですが、見かけることが御座いましたら是非足を留めて見て頂けると嬉しいです。スペース番号は058のようです(*'-')
当日までUPできるものはしていく予定です。
その他の写真は写真blogにて…
http://vmp.blog107.fc2.com/blog-entry-66.html

パステルガーデン様のウサさんと。先日のデザフェスにて出会いました(〃'-'〃)
2012.05.04 Friday

ドルパお洋服詳細

販売お洋服の詳細です。またちょっと染め直してグレージュな感じに全体的になりました。

綿ローン刺繍地にアンティークレースなどを色々飾ったエプロン。使用しているレースがそれぞれ若干違うのでお好みで。

スカートは一緒です。グレージュに染め直しました。ゴムウエスト。下のペチコートは薄紫、薄ピンク、薄オレンジなど色がありますのでこれもお好みで。ただスカートに隠れてたくし上げないと見えない感じです。

綿ボイル地のオーバーワンピース。グレージュに染め直し。前側を開ける場合はこんな感じな全開デザインです。上見頃のレースでリネンリボンを編み上げて合わせます。

オーバーワンピースを後ろ編み上げに着るとこうなります。この状態でエプロンをせずに着るとあっさりな感じです。


<販売物セット内容>
オーバーワンピース、スカート、ペチコート、ラリエット1本、コサージュ1つ*、髪飾り1つ*、レースリボン1本、ポンポン2つ 以上8点

*髪飾りはコームが付いています。姫のウィッグに合わせてコサージュ2個かコサージュ1個と髪飾り1つかお選び下さい。またそれぞれ使用レースが違います。どちらも人間用にも使えます。

フルセット価格:30000円
販売数:3着
コサージュ・髪飾り追加1つ:3000円(2つほど余裕を持っていきます)
ブース:093−SD(合体スペースなので左右どちらか半分です)

先着順で販売致します。コサージュ・髪飾り・エプロンは一点一点違いますのでお選び下さい。姫をお連れの方は似合うかどうか試着して確認下さいませ。開始から10分はお一人様1点にてお願い致します。

アンティークレースを多用しておりますため、経年による劣化や色褪せ、糸の弱りや染みなどがあります。実物を良くご覧頂き、OKの場合のみご購入下さい。
ドルパでは完売しないと思うので、残りましたら後日サイトにて販売致します。

何かありましたらまた追記致します。
2012.05.01 Tuesday

出来上がりつつ

あと数日なのでもう完成させていないといけない頃合いなのですが…。

髪飾り兼コサージュたち。コサージュにする場合は縫いつけてあるコサージュピンでそのまま。髪飾りにする場合はコサージュピンに付属のレースを通してヘッドドレスに。19世紀のアンティークボビンレースやビンテージ、デッドストックのレースや昔のお洋服のパーツなどで飾ってみました。こちらに使っているカットワークレースはマシンのものと手刺繍のものとあります。

ぽこぽこしたポンポンは細レースを付けているので手首に巻いたりポケットに入れてみたり。

ミシェ子さんの方は下からペチコート→スカート→オーバーワンピース→エプロン、の順で着ています。

後ろ姿。

ポンポンをヘッドドレスのレースに巻いてみても

全体像はこんな感じです。
キャストに直接触れる部分は気を付けて現代ものの布やレースを使用しています。ラリエットは首に巻いても肩から垂らしても。コサージュは数を余分に作って髪飾りとともに選んでいただくようにできればと思います。
ペチコートも一つ一つ別色に染めているのでお好みで。
2012.04.26 Thursday

久しぶりにドルパ参加

ちょこっとスペースですが、久しぶりにドルパに参加致します。何年ぶりでしょうか…

春らしい感じでアンティークレースを色々使おうと、こんな感じを作ってみました。

オーバーワンピース、エプロン、スカート2つにコサージュなどです。

画像はエプロンをキャミソールのように下に着て、オーバーワンピースを上に羽織っています。ワンピースを下に着ててからエプロンを上に着せるようにもできます。

運良く見付けたディーラー名のVMのイニシャルタグ。5年くらい探していたんじゃないでしょうか…

3着販売できるように作っています。アンティークレースを色々使っているので、全部同じレースを使えなかったり合わせが違ったりします。18世紀のボビンレースなど古い物も使っておりますのでほつれがあったり染みがあったりしますが、古いものも良いなあ、と感じていただけるようなものに出来上がれば幸いです。まだちょこちょこ小物を作ったりしていますので、時間がある限りやってみようと思います

スペースは友人様のLittle Sugerさんと合同の093-SDです。
2012.01.24 Tuesday

中世な感じ・・・


冬っぽい服で長いスカートのデザイン、と色々考えて布を眺めてデッドストックの別珍を選んでみました。長いシフォンのスカートに合わせています。飾り付けは今回あまり無しでいこうかなと最初思っていたのですが、レース箱を漁っていたらアンティークのブレードを見付けたので縫い合わせてみたり、タンバー刺繍のハギレから刺繍部分やチュール部分を切り取ってビーズで飾ってみたり。別珍の色合いを生かしたかったので飾り付けは押さえ気味にしています。

デッドストックの布の色合いに合うようにレースやブレード、ビーズもビンテージとアンティークものを主に。

スカート部分のシャンティレースはアンティークのものです。未使用のものですが洗濯したら繊維が脆くなるのでそのまま使用。

こんな感じになりました。ポイントのガラスはアンティークのシャンデリアパーツ。金具も装飾が素敵なのでそのまま使ってみました。出来上がったらなんとなく中世な印象になったような・・・
2011.11.19 Saturday

写真をいただきましたv

ホワイトスワンチュチュを着て下さった姫のお写真を頂きました。

姫はエレナさんなのだそうです。とても美しい姫なのでお伺いするまでどの子なのかな?と思ってしまいました(*'-'*)合わせていらっしゃるウィグとトウシューズなどの小物がぴったりで、お似合いになって頂けて嬉しいです。

オーナー様:奥里ちゃん
メイクカスタマー様:こじこじさん
掲載許可、有り難うございました!

凄い雨と風で秋薔薇の重い花弁が垂れ下がっていたので、アンティークのインク瓶に一輪づつ。エヴリンとアンブリッジローズ。
2011.11.13 Sunday

白と白


試作の白(左)と撮ってみました。当初は少しかっちりした感じです。

装飾はやっているとこれでいい、という上限が無いのでバランスを見ながら付けています。試作は試作だと考えて作っているのでデザインの参考程度に縫いつけています。出来上がった後にこういう方がいいかなあと考えたりできるので、とりあえず思いつくままに。チュチュの首リボンは同じ色なのですが、アナイスさんは普通肌、ねむななさんは美白なので色の見え方が違っていますね…参考になるでしょうか。

使用したアンティークものの一部です。スイスモノグラムはダブルイニシャルでENが白と黒に、ERがピンクに付いています。シルクオーガンジーの染めリボンは元々はコサージュの飾り用かなと思うのですが、色合いの褪せ具合と透過度が素敵なので今回色々な部分に使いました。リボンとリボンのつなぎ目が手縫いで見えていますが、こういう部分がアンティーク・ビンテージものっぽいですね。
2011.11.09 Wednesday

約2年ぶり…

随分ご無沙汰致しておりました…。皆様お変わり無くお元気でいらっしゃったでしょうか。私の方は熱帯魚を飼い始めた事くらいしか変化は無かったのですが、人形方面はずっとお休みしておりました。現在少しづつですが制作を再開しております。
今日出品したのは2年以上前のドールショウにて試作を展示していたチュチュドレスです。当時次回のイベント時に受注できるかなと色々材料を揃えていたのですが…。その時は試作の白バージョンだけを作りましたが、今回黒とピンクと合わせて作ってみました。

3人に着て貰いました。

ブラックスワンのモデルのクリス子さん。アンティークレースを被らせて…

ローズスワンモデルのローゼさん。
元々はチュチュとヘッドドレスだけのセットを考えていたのですが、季節的に寒そう…なのでフェイクファーでマフラー的なものを作ってみました。普通に肩から回すと胸元の装飾が隠れてしまうので、中途半端な位置ですがレースリボンでウエストあたりを結んでいただくように…。ちなみにこのファーマフラーは長めなので人間にも使用可能です。姫には必要無いな、と思われましたらお部屋で活用いただければと思います。

サイト引っ越し以降全くサイト内面をいじってなかったので、写真blogのアカウントが分からないとかありまして…。今回の写真は過去画像まとめblogの方にUPしております(TOPからのフォトリンクはそちらにしてあります)


*リメイクご希望のオーナー様へ
来月よりリメイク受付を再開致します。お譲りした姫のリメイクが必要な場合は問い合わせフォームよりご連絡下さいませ(カスタムページ更新済)
Powered by
30days Album